鈴与システムテクノロジー

こんなことでお困りではありませんか?
TROUBLE

お困りごと01

誤出荷が多く作業効率が上がらない

これで解決!柔軟なロット管理と効率の良いピッキングを実現

誤出荷の原因の一つである 色違い や サイズ違い のピッキングミスを防ぐために、詳細な情報をロットに定義し、見やすいリストでピッキングすることでミスを軽減できます。
さらに動線に合わせたピッキングリストも出力できるので、誤出荷を大幅に削減できます。
固定・フリーの両方に対応したロケーション管理も備えているので、商品の特性だけでなく、保管場所(ピッキングロケーション指示)などの点からも誤出荷防止をサポートします。

お困りごと02

入庫日による先入れ先出しの出荷だけではなく、賞味・消費期限順の出荷を行いたい

これで解決!荷主毎の商品特性に合わせた在庫引き当て

賞味・消費期限日をロットに定義し、ロット順に引き当てすることで賞味・消費期限日毎の出荷指示が行えます。商品ごとの出荷許容日設定を併用して、賞味・消費期限に到達した商品や超過した商品の出荷を防ぐこともできます。
在庫引き当ては、一般的な入庫日の昇順による引き当てや各種ロット順(最大10ロットまで任意で定義可)のほかにも、倉庫順・ロケーション順・数量順、といった複合的な在庫引き当てができるので、商品の特性に合わせた出荷指示が行えます。

(例)

アパレル業界
商品コード+色・柄・サイズ (3ロット)
食品業界
商品コード+製造日・賞味期限・消費期限・出庫期限 (4ロット)
鉄鋼業界
商品コード+巾・厚・長さ・形状・鋼種・チャージNO (6ロット)
お困りごと03

新規荷主を増やしたいが、取扱い商品が現在利用している在庫管理システムでは対応できず、新規荷主の囲い込みが難しい

これで解決!在庫形態にあわせた自由なロット設定

自由なロットの設定により商品に合わせたスムーズな運用と在庫管理がワンシステムで構築できます。
荷主から在庫・保管台帳・受払表が検索できる「Web在庫照会(オプション)」も用意していますので、荷主へのサービス向上に役立ちます。

お困りごと04

荷主向け資料の作成に、帳票に出る項目を使いたい

これで解決!必要なデータを汎用的に出力でき転記も簡単

帳票やデータをExcel形式またはCSV形式で取り出す事が可能なので、お客様で加工ができ、荷主の要望する資料が作成できます。
パッケージで出力される帳票の項目名は変更できるので、荷主に合わせた呼称に変更し、そのまま資料に利用できます。

お困りごと05

EDIデータのレイアウトが追加されるたびにパッケージのカスタマイズが必要となり、費用がかさむ

これで解決!EDIデータのレイアウトをパターン登録可能

EDIデータのレイアウト毎にパターンが登録でき、項目位置の変更や長さ変更が生じた場合は、パターンの変更も行えます。
荷主からの急なレイアウト変更や新レイアウトの追加依頼にも、迅速な対応が可能となり、低コストでEDI構築できます。
※登録できるパターンは、e-ロジソーコEDI標準レイアウトにある項目でかつ各項目の長さの範囲です。

お困りごと06

棚卸しを年に2回行っており多くの時間を要しているが、棚卸し方法を見直して、作業効率を高めたい

これで解決!当日入出庫分だけの棚卸しが可能

当日荷動きがあった商品だけの棚卸表が出力できるので、日々棚卸し作業が実施でき、作業量を平準化できます。
棚卸し作業の平準化により、在庫差異の原因追及も短時間で行えるので、まとめて行うよりも作業時間が短縮されます。

e-ロジソーコの5つの機能
FUNCTION

  • ロット管理

    荷主毎にロット70桁と充実した桁数で柔軟なロット管理ができます。
    トータル70桁のロットを自由な桁数で最大10個に分割して、ロットの属性(日付、数値、文字)も指定できるので、先入先出はもちろん、賞味期限など優先順位を意識したロットの引当順設定が可能となり、出荷の指示ミスを防ぐとこができます。

  • 商品管理

    個数管理・ケース/ボール/バラ管理(3階層)・重量管理・不定貫等の在庫形態に対応します。固定ロケーションだけでなくフリーロケーションにも対応しているので、より効率的な入庫・出庫指示ができます。
    また、固定ロケーション管理の場合は、入庫の際に在庫無しの空きロケーションが簡単に確認できます。
    「倉庫別,ロケーション別の棚卸」「セット商品管理(部品展開)」「入庫入力しながらの商品登録」など、現場でありがちな細かなシチュエーションに対応します。

  • 荷主(得意先)管理

    荷主の期制に合わせた請求や締日設定のほか、荷主毎の保管料計算式設定や荷主間での在庫名義変更ができます。
    ログインユーザ毎に利用する業務メニューを設定できるので、荷主用ユーザと利用業務を限定した専用メニューを構築することができます。
    さらに業務内で荷主選択を無効とする(荷主固定)機能と併用することで、商品や在庫情報も荷主分に限定した運用ができます。

  • 営業所管理

    オペレータの所属営業所単位に倉庫別の在庫管理ができます。所属営業所以外へアクセスすることも可能であり、オペレータの許可設定をすれば、機密保持の制御を行いつつ情報の共有化が可能となります。

  • データ活用

    EDIデータの取込では、レイアウトのパターン登録(マッピング機能)により、荷主からの急なレイアウト変更や追加要求に対しても、迅速な対応が可能です。
    また、全ての帳票からデータをCSV出力でき、さらに汎用データ出力機能で任意の情報(データ)をCSV出力できるので、お客様オリジナルの資料作成やデータ分析への利用が可能です。

機能一覧
LIST OF FUNCTION

OPTIONEDI業務
  • 入出庫予定データ取込
  • 商品データ取込
  • 入出庫先データ取込
  • 外部データ取込レイアウト定義
  • 外部データ取込リスト
  • 外部データ取込エラーリスト
予定業務
  • 入庫予定入力
  • 出庫予定入力
  • 入庫確定入力
  • 出庫配送入力
  • 在庫仮引当処理
  • 在庫仮引当解除処理
  • 入庫予定伝票
  • 出庫予定伝票
  • 予定データチェックリスト
  • 出庫予定データ在庫チェックリスト
  • 入庫指示書
  • 総量ピッキングリスト
  • 個別ピッキングリスト
  • 路線便別リスト
  • 予定データ実績出力(予定NO指定)
  • 予定データ実績出力(指示番号指定)
  • 検品データ作成
日常業務
  • 入庫入力
  • 出庫入力
  • 移動入力
  • 名義変更入力
  • 商品振替入力
  • ロケ指定移動入力
  • 在庫照会
  • 保管台帳照会
  • 保管台帳会計照会
  • 入出庫履歴照会
  • 名義変更履歴照会
  • 入庫伝票
  • 出庫伝票
  • 移動伝票
  • 名変入出庫伝票
  • 商品振替伝票
  • 出荷指示書・送り状・受領書
  • 送り状一覧表
  • 送り状CSV出力・荷札
  • 荷札(単独)
  • 入出庫日報
  • 受払表
  • 商品別在庫表
  • 倉庫別在庫表
  • 保管台帳
  • 保管台帳合計表
  • 在庫証明書
  • 受寄物残高報告書
  • 倉庫別在庫金額一覧表
  • 火災保険残高通知表
  • 入庫指示書
  • 出庫指示書
  • セット商品作成作業指示書
  • 入出庫チェックリスト
棚卸業務
  • 棚卸入力
  • 棚卸更新
  • 棚卸差異表
  • 棚卸チェックリスト
  • 当日入出庫棚卸一覧表
分析業務
    • 滞留在庫一覧表
    • 回転率一覧表
    作業支援
    • 汎用CSV出力(各種マスタ・明細データ)
    OPTION売上・請求業務
    • 諸掛入力
    • 保管・荷役請求書
    • 諸掛請求書
    • 合計請求書
    • 諸掛チェックリスト
    • 請求一覧表
    • 得意先別無償請求一覧表
    • 営業所別売上一覧表
    • 期毎売上リスト
    • 売上一覧表
    管理機能
    • 伝票修正取消履歴照会
    • システムログ参照
    • データバックアップ
    • データ削除(履歴・ログ削除)
    OPTIONWeb照会業務
    • 在庫照会・受払照会・保管台帳照会

    動作環境
    OPERATING ENVIRONMENT

    ソフトウェア

    【 クライアント環境 】

    ■Windows10 Professional 64bit

    ■Windows7 Professional 64bit

    【 サーバ環境 】

    ■Windows Server 2016 64bit

    【 データベース 】

    ■PostgreSQL 9.5

    ハードウェア

    【 クライアント環境 】

    CPU : Intel Core-i5 以上推奨

    メモリ : 4GB 以上

    HDD : 1GB 以上の空き

    画面サイズ : 1368×768 以上のワイド画面

    【 サーバー環境 】

    CPU : Xeon E5ファミリー 以上推奨

    メモリ : 8GB 以上

    HDD : 500GB 以上の空き

    ※スペックはサーバ1台&クライアント5台の環境での参考例です。

    ■Windowsの正式名称は Microsoft Windows Operating System です。

    ■Microsoft, Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

    ■その他会社名及び製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。