鈴与システムテクノロジー株式会社 採用サイト

鈴与システムテクノロジー株式会社 採用サイト > 社員紹介 > システムインテグレーション事業部 ビジネスシステム部 第一システム課 増田 友輔
  • お客様が真に必要としているシステムを提案できるエンジニアになりたい
  • YUSUKE MASUDA
  • 増田 友輔

  • システムインテグレーション事業部 ビジネスシステム部 第一システム課 2012年新卒入社

自己紹介

私は専門学校を卒業後、鈴与システムテクノロジーへ入社しました。現在まで約6年間鈴与グループの商流系システムを担当をしています。一言に商流と言っても、LPガスや電気、ボトルウォーター、太陽光発電の設備など、商流グループで取り扱っている商材はたくさんあります。そんなお客様の身近な「くらしのサポート」をよりよい形で提供出来るよう日々システム開発を行っています。

鈴与システムテクノロジーに決めた理由を教えてください

鈴与システムテクノロジーは、幅広い分野に挑戦している鈴与グループの情報部門として、システム開発、保守、運用までの一貫したサービスを提供しています。
また、お客様の多様なニーズに応えており、幅広い業界のシステム開発に携わることでスキルアップ出来ると考えたからです。

  • 現在の仕事について

    鈴与グループ商流系のガス小売システムや帳票管理システムなどを担当しています。お客様の要望を伺い、「提案・設計・製造・導入」を行っています。システム導入後は、システムの操作方法や機能改善のご要望、問い合わせ対応などの保守作業も行っています。

    パソコンに向かって黙々と作業するイメージが強いかもしれませんが、実際にはお客様や社内の人たちとやり取りを行うことが多くあります。

  • 一番印象深いエピソード

    私は入社してすぐに、鈴与グループ商流系の基幹システムの再構築という大規模プロジェクトに携わる機会がありました。当時はプログラマーとして参加し、開発作業に没頭していました。正直このプロジェクトでは「できたこと」よりも「できなかったこと」のほうが多かったと思います。そんな私がプロジェクトをやり遂げることができたのも、周りの上司や先輩に支えていただいたおかげだと感じています。苦労もありましたが、みんなで成し遂げる喜びを知ることができた印象深い経験です。

仕事のやりがいについて

自分ひとりでは達成困難なことを、周りのみんなと協力し、達成することにやりがいを感じています。システム開発はひとりではできません。また、周りと協力したからといって簡単に達成できるとも限りません。システム開発を行う上での苦労や喜びを共有することで、自分自身のスキルアップにもつながることに魅力を感じます。

現在の目標

お客様から要望に対応するだけでなく、真に必要としているシステムが何か考え、提案・構築ができるエンジニアになりたいと考えています。 そのために、より多くのシステム開発に携わり経験を積むことや、自分の業務範囲を勝手に決めないことを心掛けています。

1日の流れ

  • 8:50メールチェック
  • 9:00朝礼
  • 10:00設計・製造作業
  • 12:00昼食
  • 13:00プロジェクト進捗会議
  • 17:00翌日の段取り作業
  • 17:30夕礼
  • 18:30退社

休日の過ごし方

私は、仕事とプライベートは分けたいと考えているので、休日に仕事のことは考えません。友人と飲みにいったり、趣味である写真や映画鑑賞をするなど気分転換をしています。

※2019年2月時点の情報です。

  • 鈴木 紗里依
    システムインテグレーション事業部
    第三物流システム部 第一システム課
    2017年新卒入社
  • 増田 友輔
    システムインテグレーション事業部
    ビジネスシステム部 第一システム課
    2012年新卒入社
  • 橋本 帆南美
    デジタルデザインラボ
    DXコンサルティング課
    2013年新卒入社
  • 加藤 聖也
    システムインテグレーション事業部
    ビジネスシステム部 エアラインサポート課
    2014年新卒入社
  • 大沢 一基
    システムインテグレーション事業部
    第三物流システム部 第二システム課
    2016年中途入社